はり・きゅう・マッサージ施術費助成事業の存続について

  • 2016.12.11 Sunday
  • 01:20

 はり・きゅう・マッサージ施術費助成事業の存続について、一問一答にてお尋ねします。

 はり・きゅう・マッサージ施術費助成事業は、1974年1月から、市の単独事業として、高齢者の健康増進とともに施術者の経済的支援や社会的地位の向上を目的として実施され、利用者が施術者に助成申請書を提出することで、自己負担なしに月2回の施術を受けることができるという利便性と、施術者や本人にとっても請求や支払いの事務が円滑に進められる大津方式として運用をされてきました。しかし、2002年10月から対象年齢が65歳から70歳に引き上げられ、昨年2015年4月より利用回数が月1回に縮小されました。その決定に対しても、多くの市民・団体から月2回の利用継続を願う署名や請願、要望書が提出されました。当該事業の有効性については、我が日本共産党議員団のみならず、会派を超えて度々議論が行われています。ところが、現在市は、この事業を2017年度末で終了する方針を示しています。

 昨年2月の我が会派の石黒議員の質問に対し健康保険部長は、月2回の助成を継続させることについて、助成回数の月1回とする制度の見直しについては変わらないと答弁されています。また、今年10月14日の大津市母親大会連絡会と市長との100回ミーティングにおいて、大津市議会初の女性議員として25年を務められた高田敬子さんから、回数が月2回から月1回に減ったことについて「患者はもちろん、施術してくださる方も収入が減り困っている。月2回に戻してほしい。」との問いに対し、市長は「月2回だと7000万かかっていたのが、現在は3500万に抑えられている。大津市も65歳以上が25%を占めており、重要な課題に予算をつけているため、ご理解いただきたい。」と述べておられます。このように議会においても、市民に対しても、2回から1回になったことへの説明しかされておりません。

 そこでお尋ねします。

  1. 今年度事務事業評価シートでは、今後の方向性について、平成29年度末をもって当該事業を終了することとするとし、部局長コメントも同じく平成29年度終了とされています。終了という方針は、いつどこで協議され決定したのか、お答えください。
  • 部長答弁【所属名:保険年金課】

    当該事業については、本市の厳しい財政状況や平成24年度事務事業二次評価及び補助金制度の適正化方針に基づき、事業の廃止を含め見直しを検討してまいりました。これにより、平成27年度には、助成回数を月2回から1回としてきたところであります。これまでの利用状況を勘案した結果、本年度の主要事業および事務事業評価の協議の中で、平成29年度をもって当該事業を終了することとしたものであります。

 

 次の質問に移ります。

 第6期大津市高齢者福祉計画・介護保険事業計画(おおつゴールドプラン2015)では、地域の中で支えあい、安心して健やかに暮らせる医療と介護が充実したまち おおつをうたい、その施策推進の計画を策定したと記載されています。また、この計画は、これまでの計画の基本方針や目標を受け継ぎ、各種サービスの推進を図っていくとされています。

 多くの自治体が助成内容に違いはあるものの、はり、きゅう、マッサージ施術に対して、助成事業を続けています。彦根市では2006年度末いったん廃止したものの、高齢者人口の増加に伴い、介護予防の観点から有効であると判断して、昨年10月から復活させています。

医業類似行為のうち、あん摩マッサージ指圧、はり、きゅう及び柔道整復については、それぞれの免許を有する者でなければ、施術行為はできません。しかし、近年の「癒し」ブームで、国家資格を持たない紛らわしい民間業者が増えており、厚生労働省の「医業類似行為に対する取扱いについて」とする通知でも、その危険性が指摘されています。当該事業は、免許を有した人たちでなければ取り扱いができない事業であり、利用者の健康と安全を守るという役割を果たしています。

 そこでお尋ねします。

  1. 今議会には、市内の鍼灸師等の団体から事業の継続を願う請願も提出されており、市内の国家資格保持者を守る点からも、介護予防の観点からも、本事業の意義は大きいものがあります。はり、きゅう、マッサージ施術費助成事業は、継続すべきです。見解を伺います。
  • 部長答弁【所属名:保険年金課】

    当該事業は、昭和49年1月から市の単独事業として施術費の一部を助成いたしておりますが、当事業におけます対象者に占める利用者の割合は、この5年間を見ましても低い状況となっております。

    この状況を踏まえ、事業開始から約40年以上が経過いたしますことから、現在の市民ニーズと社会情勢に見合った事業内容となるよう検討した結果、先のご質問でもご答弁申し上げましたとおり、当該事業を終了することとしたものであります。

 

 次の質問に移ります。

  1. おおつゴールドプラン2015「第3章 高齢者が健やかに生活し、社会参加ができるまち」には、昨年度からの助成対象を2回から1回に見直すことと併せ、新たな支援策について検討することが明記されています。また、昨年2月会議の我が会派の石黒議員の質問に対し、健康保険部長は、介護予防だけではなく、家族介護者の介護負担の軽減、そして心身のリフレッシュを図るための新たな支援策を実施時期も含めて検討してまいりたいと、答えておられます。その後1年10カ月が経過しました。改めて伺います。どのような検討がされているのかお答えください。
  • 部長答弁【所属名:保険年金課】在宅で介護をしている介護者に対して、介護負担の軽減ならびに心身のリフレッシュを図っていいただくための新たな事業の検討を進めているところでございます。対象要件等、具体的な事業内容の詳細を精査し、平成29年度中に取りまとめていく予定でございます。

 

※初問のみ記載しています。

最後の再問前に時間切れとなりましたが、市民や団体の願いに背を向け事業終了だけを先行し、新たな事業についてはまだ何も決まっていないことがはっきりとしました。